自宅 ワキガ治療法

 

わきが治療を自宅で自分でやるならラポマイン

 わきが治療を自宅で自分でしたいと思っている人にお勧めなのが、ラポマインです。 ラポマインは日本製の医薬部外品、無添加の商品で汗かきな人が使っても脇の臭いがまったく気にならなくなるという製品です。
柿渋エキスをナノ化して、保湿成分を配合したことでこれを使い続ければ、わきが対策を実感できるでしょう。 狭い電車の中で自分のわきのにおいが気になっている人、会社でも自分のにおいが周囲の人の迷惑になっているのではないかと気になっている人にお勧めです。
ラポマインは、わきのにおいや体臭対策のためのジェルクリームです。ラポマインは新発想の4次元デオドラントです。外側からも内側からも原因菌を抑えて、 その場しのぎでにおいを何とかしようというのではなくて、しっかりと対処してくれます。 これを使えば匂いは97.7パーセントカットすることができます。内側から分子レベルでニオイを元からシャットアウトさせていますし、独自テクノロジーによって消臭成分が微細化されているのが特徴です。  
 
↓↓ラポマイン 詳細は↓↓  
 
Lapomine


 

シャツの黄ばみが脇に

夏場など汗をかきやすい時期において、シャツを脱いだ時に脇の部分が黄ばみを帯びている時があります。このようなシャツに黄ばみが出る方は、脇のデオドラントから始めましょう。 こうしたシャツの黄ばみは漂白剤で選択をしたり、クリーニングに出しても、なかなか汚れが落ちにくいものです。 根本的な解決をはかるためにも、まずは脇のデオドラントから、やってみましょう。  

 

わきが臭い:体質

わきがというものは、悩むことのない人にとっては、一生。悩むことなく人生を終えていきます。しかしながら、腋臭で悩む人は根本的な対策を講じない限り、ずっと頭を痛めなければならない厄介な問題です。人と接する職業(ほとんど、そうだと思いますが)の場合、避けては通れません。ワキガになりやすい人の体質としては、以下のように言われています。@耳あかが柔らかい@脇の下の汗の量が多い@脇毛が多い、濃い。もしくは薄くて柔らかい@肉親にわきが体質の人がいる(遺伝的なもの) @下着の脇に当たる部分に黄色いしみがつく。 これらに該当するようであれば、わきがについては重度と判断しても差し支えないでしょう。このような条件に全てあてはまるようであれば、自分でも腋臭の臭いについては自覚症状があるのではないでしょうか。このタイプのワキガの人は、一度手術すれば治すことも、それほど難しくないようです。上記の、うちいくつかにだけあてはまるようであれば、ワキガの症状としてはミドルクラスというところでしょうか。手術治療するか、どうかというのは、本人のおかれた状況にもよるので、一概には言えませんが、どうしても気になる方は、一度、クリニックに相談してみるのも良いかもしれません。そこそこのワキガの場合は、スポーツをしたとき、汗をかいたとき以外は、それほど気にならないかもしれません。




アポクリン線 汗腺

アポクリン腺という汗腺があります。間違えてアポクリン線と書いてしまいそうですが、正しくはアポクリン腺、月へんに泉です。アポクリン腺は人間の場合、脇の下に、わずかに残っている程度ですが、動物などでは、フェロモンのような大事な働きのために発達しています。 求愛、あるいは仲間内の確認のために、このアポクリン腺から発する臭いが扱われています。このアポクリン腺から分泌される汗は体温調節のものではなかったりします。この汗の成分にはたんぱく質や脂質、アンモニア、糖質など、さまざまな成分が含まれています。動物なら一発で臭いを、かぎ分けて群れの一員として認識させるにおいといえるかもしれません。 これが要するに「ワキガ臭」と呼ばれるものです。わきが・多汗の手術をする場合、このアポクリン腺の腺体を完全に除去することになります。また、最近ではボトックスを脇の下などに注入する方法なども注目を集めているということです。アポクリン線の他にはエクリン腺という汗腺もあります。こちらもエクリン腺であってエクリン線ではありません。月偏に泉という漢字です。お間違えのないように。それで、このエクリン腺は通常の体温調節をするための汗を出す汗腺です。アポクリン腺のほうが、エクリン腺よりも体の深い位置に存在しています。わきが手術のさいには、このアポクリン腺を手術することになります。